観光客がよく空港で質の悪い白タクシーに捕まったり、誤魔化される話は聞きます。

私もハノイに来たての頃、イオンモールに行くのにタイ湖の北岸を回られたりしました

ただ今まで、ホーチミン含め、そこまで変なタクシーに乗ることはなかったのですが、今回変なのを引き当てました。。。

夜の9時半頃、ノイバイ空港から日本からのお客様をホテルに送る際、マイリンタクシーを利用しました。

ちなみに、ノイバイ空港のタクシー乗り場ではマイリンとタクシーグループだけ乗り場が別れているので、しばらく待つ必要があります(ホーチミンのように常にタクシーがいない)
そんなわけで乗り場で待っていると自分が先頭になり、マイリンタクシーが来ました。

3人だったので荷物もあり、できれば前の人が一人で乗っていった7人乗りが良かったのですが、来たのは通常のセダンタイプのマイリンタクシーでした。
slideshow1
こんなやつ


まあいいかと思って乗ったのが運の尽き。
まずいきなり「何人?」の質問から始まり、日本人と答えると「スモウ!」「スシ!」だの言ってきます。

グエンフエあたりのおっちゃんを見ればわかりますが、ベトナムで初対面のベトナム人がいきなり日本語で喋りかけてくるほど怪しいものはありません。大体何かを隠そうとしているか、騙そうとしているか

この時点で「こいつ、ヤベエ」という直感がビンビンだったのですが、さらにひどいのが、ずっとクラクションを鳴らしている。ベトナム人ドライバーはクラクション鳴らす人間が多いのですが、そんな比じゃない、呼吸をするようにクラクションを鳴らしていると言っても過言じゃない。後ろの人間同士が喋っていても聞こえないくらいクラクションを鳴らす。うるさいと言っても止めないし、なぜか音楽を爆音でかけようとするこれは助手席の自分が止めましたが。。。

喧嘩してまで止めるのはお客様がいる以上避けたいところで、とりあえずはホテルまで運転させましたが、なぜか正面まで行くのを嫌がる。手前で止まろうとする。

無理やり玄関前まで行き、マイリンのタクシーカードを切ろうとするが、エラーで全然通らない。
まあこの時点で「対応悪いし、クレーム入れたろ」と思って、運転手のID写真を撮ろうと思ってふとみると、そもそも助手席にIDが無い。
そしてレシートを印刷するとそもそも会社が違ったという。。。
マイリン
通常のマイリンタクシーのレシート



マイリンドンダー
偽マイリンタクシーのレシート(上に小さくDONG DOと書いてある)

ベトナム人スタッフに聞いたところ「これはマイリンドンドータクシーです。昔は一緒の会社だったけど、今は偽物ですね。よく見たらドアの取手にDong Daって書いてあったはず」とか言われましたが、難しいよ。。。

そんなわけで、ノイバイ空港でマイリンを利用する時は、「ドアの取手をちゃんと見ましょう」というのが今回の教訓です。